帯広建設業協会ニュース

帯広建設業協会の活動などをお知らせするニュースです。

帯広建設業協会ニュース header image 4

2014年05月02日のエントリー

公共事業労務単価改善に向けての講習会を開催

2014年05月02日 · コメントは受け付けていません。 · 帯広建設業協会ニュース

帯広建設業協会では、4月15日と21日の両日、帯広建設会館において公共事業労務単価改善に向けての講習会を開催し、協会員や下請け企業経営者等合わせて100名以上が参加しました。最初に挨拶にたった帯広建設業協会労務委員会の山内委員長が「建設業界に人手不足が叫ばれている中、全ての建設労働者の年収が300万円以上となるよう、各経営者が努力しなければ、業界に若い人材が確保できないし、私たちは地域の防災活動も担えなくなる。」と強調。さらなる建設業離れが起きないよう各社に適切な対応を求めました。続いて労務研究会の菅野副会長より、公共事業労務単価改善に向けてと題して講話が行われました。菅野副会長は公共事業労務費調査にあたっては職種の選定に誤りの無いよう、また、所定労働時間は休憩時間を除いた時間管理により設計単価との比較をすること、さらに、現物給与の考え方についての説明などを行い、参加者に対し実態に即した労務賃金が調査に反映されるよう訴えました。

[続きを読む →]

タグ :